結果に基づいた高所順応トレーニング


低酸素トレーニング
高所テスト/富士山テストにより、問題点が明確になったらなるべく出発に近い日程で低酸素トレーニングを行います。

1.バイオフィードバックトレーニングによる自分自身に適した「呼吸法」の習得

 高所で重要と言われる「呼吸法」ですが、日常生活の範囲では、呼吸法が上手にできているかどうか評価する事は困難です。上手な呼吸法が出来なければ現場ではパニックを起こしてしまいます。また、自分が良いと思い込んでいる呼吸法が、高所にも通用する呼吸法とは限りません。

 たとえば「深呼吸」。実は、4000m以上の高所できつい登りを歩いている時には、深呼吸では酸欠は改善されず高山病になる確立が高くなります。また、ヨガなどの呼吸法は、リラックスを目的としているので、必ずしも高所で有効とは限りません。じゃあどんな呼吸が良いのか?

 実は、万人に絶対これが良いという呼吸法はありません。人には個人差があり、肺機能だけに絞っても、肺活量が2000mlの女性もいれば、6000mlの男性もいます。また運動能力もそれぞれ人により異なります。なのに同じ呼吸法で良いはずがありません。個々に合った呼吸の取り込むタイミングや深さがあります。ではどうすればいいのか?だから実際に低酸素環境で体験する必要があるのです。

 低酸素室では、基本的に酸欠になり、動脈血酸素飽和度(SpO2)が低下します。SpO2が低下している状態で、上手に呼吸法が出来ると数値が上昇しますが、逆にできていないと、数値は変化しないか更に低下します。この数値の変化によって、客観的に酸欠から改善されたかどうかが一目瞭然となります。

 このように自分自身の生体反応を確認しながら、良い状態を探り出す訓練を「バイオフィードバックトレーニング」と言います。弊社で行うテストやトレーニングでは、歩いたり、寝たりする時にもパルスオキシメータで常にSpO2をモニターしながらバイオフィードバックトレーニングを行います。

 Webでは○○法がいいと書いてあったり、高所経験者から○○法がいいと聞いたなど、いろいろな呼吸法を試してみると、SpO2が上昇しないダメな呼吸法もわかります。そのような方法は、ある人にとっては良くても自分には良くなかったということを客観的に判断することも出来ます。

2.呼吸を意識しない状態を慣らしながら自分の限界を探る

運動トレーニング
 呼吸法が十分に習得できると、今度は呼吸を意識しない状態(酸欠状態)に徐々に身体を慣らしていきます。動脈血酸素飽和度を下げることで、人間の持っている環境適応能力を引き出し、呼吸を意識していなくても活動出来るようにします。当然、酸素飽和度が下がって、意識が朦朧とする状態を放置しすぎると倒れてしまう危険性もあります。そうなる前に、習得した呼吸法で対応すれば大丈夫です。

 そうは言っても、意識が朦朧とする状態では呼吸法すら忘れたり、呼吸をしようとする気力さえ失われることもあります。そのような状態になったとしても、弊社の低酸素室は入退出が簡単で、扉一つですぐにエスケープできます。

 どのような感覚が自分の限界なのか、ギリギリのところをバックアップがある状態で体験できます。もし高所の現場で同じような冒険をしてそのまま倒れてしまっては、危険なことですが、低酸素室であればすぐに回避できます。

 たとえば、7000〜8000m級などレベルの高い山に行く予定の方であれば、10〜15kgの荷物も背負いながら、腕の運動も加えて、通常の登山では早すぎる時速5〜6kmのスピードを6000mで歩き、その時の感覚や呼吸法を経験する事が出来ます。このような経験がなければ、実際の登山でどこまで進めば危ないのかという判断が正確にできずに、対応や対策が遅れ、生命が危険に曝されることもあるでしょう。

低酸素トレーニング

※富士山テスト受講の方は4,000mまで。4,000m以上の高度でのトレーニングをご希望の方は、高所テストをお受け下さい。
仮眠トレーニング
運動トレーニングは、1回90分(休憩を含む)で、60分はウォーキングや踏台昇降運動を行ないます。チベット旅行などのように、ほとんど車で移動する場合でも、なるべく歩いていただきながら、ご自身に合った呼吸法の習得を目指します。

仮眠トレーニングも、1回90分となります。低酸素室内で横になり仮眠をとっていただきます。

トレーニングを行う時期

このようなトレーニングは、高所に出かける直前の方が効果的です。ただし、高所テストは出発1ヶ月以上前には受ける事をお薦めします。高所テストで、個人固有のリスクが判明した際に、弊社では、登山医学に詳しい医師を紹介しております。その際に、出発日が近いと、十分な対策が出来ない可能性もあります。

シャワー室もございますので、トレーニング後にご利用ください。ボディソープ、シャンプー等もございます。

利用料金

1回・・・5,000円/ひとり (3名様以上の同時予約・利用で1,000円引)

所要時間・・・約90分

持ち物・・・動きやすい服装・室内シューズ・水分補給用の水など

出発

高所での高山病に対する十分な「知識」と「経験」を身につける事で,同じ旅行もより安心で安全なものとなるでしょう。